後遺症の申請の流れ

後遺症になったら申請を行うものですが、それまでの流れを理解しておかなければなりません。冷静に作業を行うことができるためにもその方法をしっかりと理解しておかなければなりません。まず申請に必要なものですが、まずレントゲンやその他の検査の画像、またこれまでのカルテなどの文書が必要になります。これらは病院から借りることで集めることができます。

必要な文書などを集めるのは面倒なものですが、一般的には相手方保険会社がこの作業を行ってくれるので特に問題はありません。しかし自分で行う場合にはきちんと忘れることなく全てを集めていかなければなりません。

申請時には後遺障害診断書の提出をしなければなりません。これは今の後遺症の状況を公の機関である損害保険料率算出機構に提出するものです。この内容についての多くは主治医が作成をしますが、中でも自覚症状を書く欄については自分で主治医に内容を伝え、それを主治医が書くために必ず全ての内容を伝える必要があります。さらに自分の今の状態について具体的に文書にして送付してもいいでしょう。そうすればより今の状態を理解してもらうことができます。このような文書を集めて送付し、申請を済ませます。