後遺症と異議申し立て

後遺症の申請から1カ月以上経過した段階で損害保険料率算出機構から通知が送られてきます。文書で回答が出されますが、その中に該当をすればその等級と内容、また非該当の通知がなされます。この際に等級の内容に関してしっかりと確認をしなければなりません。後遺症に該当がなされても人によっては適切な等級にならないケースも見られます。

獲得した等級に納得できなければ再度異議申し立てを行わなければなりません。等級が上がればそれだけ大幅に慰謝料の金額が変わってくるので異議申し立ては必要な作業です。異議申し立てでは新たな医証を添付しなければ説得力を持たないので、再度検査を行うなどの作業が必要になります。不幸にも非該当となった場合、納得できない場合異議申し立てを行います。この場合でも新たな医証を添付して異議申し立てを行わなければなりません。

後遺症の申請では内容によって獲得する等級が大きく変わってくるものもあります。ですから内容をきちんと精査してから申請に必要な文書を送るようにしなければなりません。文書のすべてが納得できるものであれば申請を行いましょう。申請に必要な期間は特に設けられてはいないものです。ですから急いで損害保険料率算出機構に送る必要はありません。じっくりと検討してから送ることが必要です。また、後遺症の認定や意義申し立てに関する内容は弁護士や司法書士など、法律の専門家に相談することも可能ですので、困った時は相談してみると良いでしょう。